コンテンツ

出産祝いを上手に贈ろう

親族や友人の出産はとても嬉しいことです。生まれてきた赤ちゃんや頑張ったお母さんには、ぜひとも出産祝いの贈り物で喜んでもらいたいものです。 しかし、どんなに深い間柄であってもマナーを知らないで贈ると、喜びが半減してしまい台無しになってしまいかねません。そこで出産祝いを贈るときのマナーをいくつかご紹介しますので、お役立ていただければと思います。

入院中に押しかけない

出産後のお母さんは、体力が落ち、安静にしていなければならない時期です。早く喜ぶ顔が見たい気持ちも分かりますが、そこは抑えて退院するまで待つのがベストといえます「会いに来て」と呼ばれることもあるかも知れませんが、その際も長居はせず、負担にならないよう短時間で退室することをおすすめします。

スケジュールを確認してから訪ねる

退院後もお母さんは大変です。慣れない赤ちゃんの世話に奮闘しています。ときには健康診断や予防接種のため病院へ行かなければならないときもあります。

そのため出産祝いを持っていこうと自宅を訪ねるときは、事前にスケジュール調整をしておきましょう。当日訪ねるときも、早朝や昼食、夕食時や深夜の時間帯は避けましょう。

出産祝いが遅れたときは

忙しくて出産の連絡が遅かったなどして、お祝いを贈るのが遅れたという方もいらっしゃると思います。そういったときは、通常通り出産祝いを贈って良いのか疑問です。出産祝いに限ったことではありませんが、大切なのは、お祝いしようと思う気持ちです。

思いが伝われば、期間関係なく祝福されることは嬉しいものです。それでもただ贈るのではなく、メッセージカードに遅れてしまったお詫びの気持ちは添えるようにしましょう。

出産祝いに、インテリアを明るくおしゃれに演出できるプリザーブドフラワーを贈りませんか。当店では、華やかで優雅なバラのプリザーブドフラワーを販売しております。実用的でかわいいデザインの時計やフォトフレームもございますので、ぜひ贈り物にいかがでしょうか。

RARAの無料サービス
プリザードフラワーについて

モバイルサイト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業(メール対応○)

☆お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
☆メールのお問い合わせ
 (定休日も対応)
 info@rara4.com

☆お電話は、仕入・打ち合わせなどの為対応できない場合がございます。 
 03-6435-0429
 受付時間 10:00~15:00

ページトップへ